2006年世界カデ・フェンシング選手権大会の銀メダル獲得
第11回国際ジュニアチームカップ・体操競技国際大会優勝
に伴う知事訪問
 
 平成18年4月9日(日)から大韓民国テベク市で開催された「2006年世界カデ・フェンシング選手権大会」に和歌山北高校3年生の西岡詩穂選手が、女子フルーレ個人戦において、日本人初となる銀メダルを獲得。 また、平成18年3月1日(水)からドイツ/ベルリンで開催されました「第11回国際ジュニアチームカップ・体操競技国際大会」において、和歌山北高校2年生の田中佑典選手がジュニアナショナルチームのメンバーとして出場し、団体戦で優勝を果たしました。
 世界選手権及び国際大会で優秀な成績を収めた両選手が、平成18年4月21日(金)に知事を訪問しました。
 両選手は知事に対して、大会での様子や将来の目標を述べました。北京オリンピック目指して頑張っている、西岡選手と田中選手の今後の活躍に期待しましょう!
知事訪問の様子
知事を、西岡・田中選手、日本選手団関係、競技団体関係、学校関係の皆さんが訪れました。  (左側) 西岡志穂選手(和北3年)
 (右側) 田中佑典選手(和北2年)
西岡選手を指導している市川顧問は、「今回の大会で世界に手が届くことを確信した」と語りました。 田中選手は、3歳から遊びで始め、小学生でジュニアナショナルチームに選ばれた。
 知事から、両選手を代表して、西岡選手にスポーツウェアのの目録が手渡されました。
 国際大会での活躍は、本人のみならず、県民に明るい話題を提供します。
 今後の両選手の活躍を祈念いたします。
知事訪問者
日本選手団関係
  監 督  東 伸行
  コーチ  市川 真知子
和歌山県フェンシング協会関係
  会 長   小池 康雄
  理事長   太田 勇
  ヘッドコーチ 森 敦久
和歌山県体操協会
  理事長   小宮 清
  事務局長  森田 富美雄 
  ヘッドコーチ 田中 章二
学校関係
  和歌山北高校 学校長 芝崎 一三