第60回国民体育大会秋季大会総合開会式
平成17年10月22日(土)
 第60回国民体育大会秋季大会が開催されました。
 「晴れの国おかやま国体」では、和歌山県体育協会会長(和歌山県知事)木村良樹が自ら総合開会式で集まった和歌山県選手団を激励し、選手団の団長として総合開会式で行進するなど、国体に対する意気込みを見せました。
 本県におけるジュニア層の選手たちはインターハイ等の全国大会で優勝、入賞を果たすなど、着実に力をつけてきています。
 今後の選手たちの活躍にご期待下さい。引き続き、みなさまのご声援よろしくお願いします。
 
総合開会式「桃太郎スタジアム」
での歓迎セレモニー
総合開会式に集まった、
約100名の監督・選手たち
最下位脱出を目指し、
本県選手団を激励する木村団長
応援に駆けつけた新島顧問が議長代理として激励していただきました 尾藤副会長が選手の健闘を
祈念して万歳三唱を唱和
桃太郎にちなみ、
大きな桃が用意されました
大きな桃から
和歌山県選手団の入場です
第60回国民体育大会秋季大会がいよいよ開催されました 集まった観客に、小旗を振って
入場行進を行いました
大会名「晴れの国おかやま国体」のとおり、晴天に恵まれました 全国47都道府県の選手が
一同に集まりました
岡山県出身の有森さん・木原さん・森末さんが炬火をもって入場
炬火が点火され、秋季大会開催の合図が送られました。