第9回アジアエージグループ選手権(ウズベキスタン・タシケント)出場に伴う
宮本竜成選手への激励金贈呈式について
平成29年9月1日(金) 県教育庁生涯学習局スポーツ課内
 今月の9月8日からウズベキスタン・タシケントで開催される第9回アジアエージグループ選手権に、県立和歌山工業高等学校2年生の宮本竜成(みやもと りゅうせい)選手が日本代表として出場することが決定いたしました。
 宮本選手は、5月に行われましたジャパンオープン(男子1,500m 自由形)において6位入賞(15分23秒60)を果たし、今回の日本代表選手に選出されました。
 愛媛国体などでの活躍はもちろんのこと、今後の活躍が期待されるところです。
 当日は、宮本選手と宮本選手の指導者であり、今大会帯同コーチでもある楠本一彦様にお越しいただき、今大会でのご活躍を祈念して、和歌山県体育協会 山本祥生 理事長 から激励金の贈呈を行いました。
 宮本選手は、「 アジアエージでは優勝を目指して頑張ります。また、今年の国体でも上位入賞を目指して頑張ります。」と力強く抱負を語ってくれました。
 また、楠本様からは「今大会の日本代表は男子が13名、女子が12名の計25名で、宮本選手をはじめ各選手が最低でも自己ベストを出せるようサポートしていきます。」とお言葉をいただきました。
 
激励金贈呈式の様子   激励金の贈呈
 
抱負を語る徳井選手 歓談中の宮本選手と楠本様